パン・オブ・ザ・イヤー 2018 パンマニアが今年最も注目したパン パンスタ
パン・オブ・ザ・イヤーは、パン専門のコミュニティーサイト「パンスタ」の一年間の総括として、パンを愛する皆さんからの投稿・いいね!・アクセス数、パンスタ編集部の日々の食べ歩き活動などを元に、「パンマニアが今年最も注目したパン」を選出したものです。パンスタ会員による投稿に加え、昨年より会員登録のない一般の方からの投稿も受付け、広く皆さんの声を取り入れました。 皆さんの2018年のパン活動を振り返ったり、これからのパン活動の参考にしてみてください。
バゲット部門 金賞
「バゲットラビット」
名古屋の人気店が今年2月、東京に進出して話題に。バゲットは4種類。店名と同じ「バゲットラビット」は、三重県産全粒粉入りで、小気味良いクリスピーな食感と、深みとコクのある味わいが特徴。口の中で軽やかにほどけ、ふわりと旨味がひろがる。軽い食感の食べやすさと、国産小麦のもつ甘みや旨味がつまったバゲットはパン好きを魅了。
お店からの受賞コメント
この度は、全国のパンマニアの方々に弊社のbaguette rabbitのバゲットを選んでいただき大変光栄です。バゲットは店名にもなっておりまして、自身にとっても思い入れのある商品の一つでございます。今後も日々研究を重ね、多くのお客様に、今以上に感動のあるパンを提供できるよう努めてまいります。
食パン部門 金賞
「利の食パン」
日光の豊かな自然に囲まれた食パン専門店。営業は土曜日の1日のみ。北海道産の高品質小麦粉、長野県の天然水、甜菜糖、沖縄県産塩、発酵バターなど、ひとつひとつ吟味された素材を使用。看板商品の「利の食パン」は、肌理が細かくしっとり、みみまで柔らかい。トーストすると優しい甘さと小麦の香りが際立つ。店主の真希さんの穏やかな人柄に惹かれて来店する人も多いという。
お店からの受賞コメント
この度は当店の食パンを皆様にお選びいただきまして、誠にありがとうございました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。 毎日食べても飽きることなく、日本のおかずにも合う、安心安全な食パンをが当店の目標です。これからももっとお客様に愛される食パンを作り続けて行きたいと思いますので、進化を見守っていていただきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
クロワッサン部門 金賞
「クロワッサン」
無類のパン職人、榎本哲シェフのお店が神楽坂にオープンしてから1年あまり。2014年、「ドミニク・サブロン」の突然の閉店に涙したパン好きたちはこのクロワッサンを何年も心底待ち望んでいた。一層一層が極めて薄く、繊細に立ち上がり、艶やかな焼き色をもつ。軽やかな層の中にAOP醗酵バターの甘い香りを抱え込んでおり、AOP醗酵バターから放たれる香ばしさ、コク、甘みが順に口の中に広がるのが特徴。
お店からの受賞コメント
フィロゾフのクロワッサンを選んでくださり、ありがとうございます。オープン当初より少しずつ配合を変えてより美味しくを追及しているつもりです。今よりもより良いものが出せるように常に先へと努力していけたらと思います。多くのお客様とスタッフ、支え応援してくださる方々に感謝申し上げます。これからもよろしくお願いします。
ベーグル部門 金賞
「ベーグル全般」
NYスタイルの焼き色しっかり、大きくがっしりとしたベーグル。1個のベーグルで食パン1斤分の重さぐらいありそうなずっしり感。ぎゅっと詰まったクラムは、噛み応えが強く、むぎゅむぎゅっとした食感が特徴。注文を受けてから作るボリュームのあるサンドイッチも人気。
お店からの受賞コメント
ベーグル部門金賞のご連絡をいただいて、驚きとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。選んでくださった皆さま、本当にありがとうございます。これからも食事パンとしてのベーグルを焼き続けて行きたいと思っています。今後ともOZO BAGELをよろしくお願いします。
サンドイッチ部門 金賞
「生クリームサンド」
厚みのある食パンは、しっとりふわふわのコーヒー味。甘みを抑えた生クリームがたっぷりサンドされ、その二つの間に、イチゴジャムが華やかさと甘みを与え、三位一体となり美味しい方程式が出来上がる。和歌山のご当地パンとして長年支持されていて、お取り寄せもできることから、年々知名度があがり全国区に。
カレーパン部門 金賞
「カレーパン4種」
カレー専門店が作る4種類のカレーパンは、どれもワンランク上を行くおいしさ。深いコク、複雑なスパイスの香り、そして素材の旨味が詰まっている。4種のそれぞれが全く違う個性を持つため、1個のつもりが、ついつい2個、3個と食べ進めたくなる。揚げたてのパンの衣は、心地よいザクザクとした食感があり、濃厚なカレーとのバランスが絶妙。
あんぱん部門 金賞
「うす皮あんぱん」
東京の下町で60年続く名店の人気商品。雑誌で紹介された際の断面のインパクトが話題となり、パン好きから大きな注目を集めた。うす皮の限界に挑戦するかのような職人芸を感じる一品は、1日に作れる数に限りがある。あんこの量の多さから、お汁粉にしたりトーストにのせたりと、規格外の食べ方をする人もいるそう。
お店からの受賞コメント
この度は「パン・オブ・ザ・イヤー金賞」をありがとうございました。選出方法がユーザーからの投稿と言うことで大変うれしく思います。今回、受賞しました「うす皮あんぱん」は創業同時より形を変えて販売してまいりました。当店が元祖オリジナルという商品ではありませんが、ここまであんこをたっぷりいれた商品は数少ないのではと自負しております。最初のころは「あんこが多過ぎる」、「あんぱんは皮とあんこのバランスが大事!」と批判的な意見が多く販売量も芳しくありませんでしたが、「見ためは小さいけれど手に取ってみるとボリュームがあるパン」を作りたいという気持ちで販売を続けた結果、段々と支持していただけるお客様が増えて現在に至っております。今回の受賞を励みにこれからも精進してまいる所存でございます。
コッペパン部門 金賞
「コッペパン全般」
コッペパンブームを牽引する一軒。盛岡ローカルグルメのじゃじゃ麺をサンドした「盛岡じゃじゃ麺」はお店オリジナルの看板商品。スパイシーで甘く濃厚なソースが絡んだ麺を、大きめのふかふかのコッペパンでサンド。一度食べるとクセになる一品。美味しさだけでなく大満足のボリューム感も人気の理由。
お店からの受賞コメント
この度は金賞をいただきありがとうございます。日頃よりご利用いただいているお客様、誠にありがとうございます。これからも日々精進し、地域に根付けるよう「おいしいコッペパン」を作っていきます。また、岩手の味、食材、文化を伝えていけたらと思っております。
■パン・オブ・ザ・イヤー 発表履歴
パン・オブ・ザ・イヤー 2017
パン・オブ・ザ・イヤー 2016
パン・オブ・ザ・イヤー 2015
パン・オブ・ザ・イヤー 2014
2012年 美味しいパン 年間ランキング(10位~6位)
2012年 美味しいパン 年間ランキング(5位~1位)
2011年 美味しいパン 年間ランキング(10位~6位)
2011年 美味しいパン 年間ランキング(5位~1位)
2010年 美味しいパン 年間ランキング(10位~6位)
2010年 美味しいパン 年間ランキング(5位~1位)
PAGE TOP